車を買取ってもらうには、所有者が自分かどうかをまずは確認してください。下取りよりは中古車販売業に買い取ってもらうほうが高値になることがあります。

不用品買取業者の活用術

車を手放すには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
車の買取にはいくつかのポイントがあります。
まずは大前提の問題として、その車の所有者であること、です。
当たり前のようですが、意外と見過ごしている人もいるのではないでしょうか。
あなたの愛車の所有者は、あなたですか?
ディーラーや信販会社を経由してローン購入した車両の所有者は、一般にディーラーや信販会社になっており、実際に運転している人(あなた)は使用者となっているはずです。
使用者には納税義務や管理義務がありますが、売買をする権利がありません。
完済して所有権解除をしてもらう(名義をあなたに変更する)か、所有者の印鑑証明やら実印などを押している書類を手に入れなければなりません。
まずはそこから確認しましょう。
所有者が本人名義だったのならば、次はだれに買ってもらうか、です。
次の車を購入する相手に買ってもらうことを一般に「下取り」といいます。
新しく購入する車両の値引きの一環として相場より高い金額が提示されることもありますが、一般に下取りは安い金額が提示されることが多いでしょう。
新しい車とは別に、自分で売る店を決めるほうが得なことが多いです。
そんなときに便利なのがネットなどで簡単に依頼ができる一括査定です。
車種や年式、走行距離などからおおよその査定額がわかり、脈がありそうな数社に実際の車両を査定してもらう(車の状態やオプションなどの査定)この方式ですと、期待外れの査定額だった、と無駄足を踏むことがありません。

Copyright (C)2017不用品買取業者の活用術.All rights reserved.