金価格が高騰しています。使っていないアクセサリー、使えないアクセサリーなどがあったら売りどきです。同時に押し買い被害も報告されています。注意が必要です。

不用品買取業者の活用術

金の価格はあがっているの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
金はジュエリーとしての価値もさることながら、資産としての価値も万人の人に認められています。
政情が安定しない国などでは自国の通貨が信用できないので、資産を金で保管する人々もいます。
そんな金の市場価値ですが、最近高騰していることはなんとなく小耳にはさんでいるのではないでしょうか。
実際、どれくらい値上がりしているかというと2000年の金(24金)の小売店での買取価格は平均1000円でした。
2013年では4500円前後までに値上がりしています。
若いころに買ってデザインが合わなくなってしまった。
切れてしまったネックレスや片方だけのピアスなどがタンスの奥に眠っているとしたら。
是非金買取ショップを訪ねてみましょう。
うれしい臨時収入になること間違いなしです。
この金高騰を背景に、困ったことも起こっています。
それは「押し買い」です。
最近こそ見なくなりましたが、押し売りというのは以前はよく耳にしました。
この押し買いはその反対で、いきなり(もしくは事前アポをとる場合も)自宅を訪れて、貴金属品を相場よりも安く買い取っていくというものです。
ひどい場合には買い取ったことにして持っていくなどという手口さえも。
これでは強盗となんら変わりありません。
被害者には高齢者がおおく、押し切られて契約してしまうことも。
もし契約してしまってもクーリングオフが効きます。
早めに身近な人、もしくは消費者センターに相談しましょう。
貴金属のほかにも、高額の値段がつきやすい着物などもターゲットになる場合があります。

Copyright (C)2017不用品買取業者の活用術.All rights reserved.